廃棄物選別

有機素材およびエネルギーの価値の回収

廃棄物選別手法は、素材の性質および収集の種類によって大きく異なります。埋め立てまたは焼却処理される廃棄物素材の量を最小限に抑えるために、立法機関が廃棄物リサイクルおよび再生に関する野心的な目標を導入することが増えています。ペレンクSTは、個別のニーズを満たす高性能なソリューションの提供を通じて、地方自治体、ソーティングセンターおよびメーカーを支援しています。

選択的収集

主な用途

ペレンクST - 2Dホローボディー選別

2Dフラットボディ選別

  • 繊維質素材の選別: 紙/段ボールおよび特定のサブセット(倉庫バルク素材、リサイクル可能な家庭用包装資材、新聞紙、定期刊行物、雑誌、グラフィック用紙など)
  • プラスチックフィルムの選別: LDPE(低密度ポリエチレン)の回収
ペレンクST - 3Dホローボディー選別

3Dホローボディー選別

  • PET(ポリエチレンテレフタレート)の回収: 色およびカテゴリーによる選別(ボトル/トレイ、透明および淡青色、不透明PET、多層、スリーブなど)
  • 硬質プラスチックの回収: PE、PP、PS、食品容器など
  • 非鉄金属の選別: アルミニウム(缶など)

当社製品をご利用いただいているお客様

Pellenc ST - temoignages - suez
Suez Ölbronn: ドイツで最大級のソーティングセンター

「Suezでは、最新技術を搭載したこの新しい設備に2000万ユーロ以上を投資しています。このプラントでは、23台のミストラル+選別機がプロセスに統合されており、ドイツ国内で現在施行されている最も厳格な規制に従って素材を回収しています。Suez Ölbronnは、ドイツ国内で最大級のソーティングセンターであり、年間の処理能力は10,000メートルトンを超えています。」

Pellenc ST - Témoignages - SMDO Paprec
SMDO Villers-Saint-Paul: フランスにおいて最も効率的なソーティングセンターの1つ

Paprec Trivalo Oiseでは、2500万ユーロを投資して19台の光学選別機を設置し、年間処理能力を最大60,000メートルトンに拡張しました。この施設は、フランスにおける将来のソーティングセンターの技術的ショーケースとなっています。プロセスは、多岐にわたる選別指示に従って廃棄物素材を処理するよう設計されており、回収可能な17のフラクションを抽出すること可能になり、Citeoによって推奨される将来の「開発フロー」を構成することができます。

Pellenc ST - Témoignages - Recology
Recology Pier 96: 米国における紙の大量選別

サンフランシスコ市と協力して設計されたこのプラントでは、西海岸における古紙の主要サプライヤーとして 毎年30万トン以上の廃棄物を選別しております。この選別センターの繊維材料ラインには3つのMistral + 光学選別機が 設置されており、汚染物質排出率を1.5%未満にするなど、北米において記録的な効率を達成しています。

Pellenc ST - Témoignages - Biffa
Biffa Edmonton: 英国における高性能繊維選別

Biffa Edmontonでは、年間250,000メートルトン以上の廃棄物素材を処理しています。効率性を最適化するため、このソーティングセンターでは、繊維質素材ラインに5台のペレンクST選別機を設置いたしました。選別機には、軽量素材のフローを安定化するために、「ターボソーター」が搭載されています。これにより、高速で繊維質素材の純度を高めることができます。結果として、品質管理段階後の最終的な純度は99%を超えています。

Pellenc ST - Témoignages - Ward
Ward Recycling Hartlepool: 英国における線維選別

同社は、市場トレンドに合わせてこのプラントを開発することにしました。「当社は小さな企業であり、中国およびアジア市場を維持するのは非常に困難なことが明らかであるため、英国内で何かをする必要があると考えていました」と、Ward Recyclingの業務執行取締役、Nigel Booth氏は語ります。同社は、混合線維フローおよび分離された紙/段ボールから、年間100,000メートルトンの素材を処理する予定です。フローの純度を高め、製紙会社のPalm Paperに高品質の原料を提供するため、7台のペレンクST光学選別機が設置されています。 Bollegraafのセールスマネージャー、Mallinger氏は光学選別機について以下のように述べています: 「これらは非常に融通が利く選別機です。処理する素材の変更に合わせて設定を調整することができます。」 これにより、プラントを市場の変化に常に対応させることができます。

Pellenc ST - Témoignages - Sietrem Veolia
Sietrem Saint-Thibault-des-Vignes: 自己調整連続選別

Veoliaの運営する新しいSietremソーティングセンターでは、年間30,000メートルトンの廃棄物素材を処理することができます。このプラントには、7台のペレンクST光学選別機を含む、最新の機器が設置されており、多岐にわたる選別指示の新しい要件により効果的に対応することができます。

Pellenc ST - Témoignages - a2a
A2A Cavaglia、ビエッラ県: イタリアにおける最新のプラスチック選別

8台のペレンクST光学選別機を備えたCavagliaソーティングセンターは、プラスチックの回収に関して欧州で最先端の処理を行っています。A2A Ambienteプラントは、1日当たり150メートルトン、つまり、年間45,000トン以上の生産能力を有しています。選別機は、樹脂(PE、LDPE、PP、PET、PVCなど)および色(淡青色、透明など)によってプラスチックを選別し、合計で13の回収可能なフラクションを生成します。コンセプトが大きな成功を収めたため、A2Aでは、マジアーノに同様の2番目のプラントを開設することを決定しました。

Pellenc ST - Témoignages - Semardel
Semardel、ヴェール=ル=グラン、フランス: 事業および産業廃棄物の回収およびSRFの生産

Semardelでは、事業・産業廃棄物および粗大ゴミ向けの廃棄物ソーティングセンターに2000万ユーロを投資しました。年間処理能力は230,000トリックトンです。このプラントでは、8台のペレンクST光学選別機を使用し、素材(木材、線維、プラスチック)を回収し、発熱量の大きな廃棄物固形燃料(SRF)にすることにより、埋め立て処理に回される量を削減しています。

関連製品

ミストラル+
ソーティングおよびリサイクルセンターにおける各種素材の光学式選別機
ミストラル+フィルム
この装置は、プラスチックフィルムの 光学式選別機  およびリサイクル専用です
ミストラスコンパクト
複雑な現代化および統合向けの 光学式選別機

家庭ゴミ

選択的収集で使用されるすべての選別手法は、機械式および光学選別の調整により、家庭ゴミの選別にも使用することができます。

主な用途

素材回収

  • 硬質プラスチックの回収
  • 繊維質素材の回収
  • ガラスの回収
ペレンクST - 廃棄物選別 - 有機素材回収

有機素材の回収

  • 嫌気性消化および堆肥化専用のアプリケーション
ペレンクST - 廃棄物選別 - エネルギー回収

エネルギー回収

  • 混入物の除去
  • 真発熱量(NCV)の高いSRFの製造
  • ライン上での品質管理(組成、NCV、湿度、生物由来部分)

当社製品をご利用いただいているお客様

Pellenc ST - Témoignages - Lekaro
Lekaro、ワルシャワ: ポーランドにおける家庭ゴミの選別

LEKAROは、ワルシャワおよび周辺地域から排出される年間360,000メートルトンの廃棄物の収集および処理を管理する家族経営の企業です。家庭ゴミ選別ユニットには、6台のペレンクST光学選別機が80~350mmフラクションに装備されています。この施設では、樹脂(透明PET、青色PET、緑色PET、PE、PP、PS)によってプラスチックを選別するほか、紙/段ボールおよび金属を選別し、受け入れた家庭ゴミ180,000メートルトンの15%の回収率を達成しています。選別されたフラクションは、ポーランドまたは近隣諸国の買い手に送られます。また、このプラントでは、受け入れフローの35%から高品質の廃棄物固形燃料を製造しています。生物由来フラクションは、安定化後に埋め立て地に送られます。

Pellenc ST - Témoignages - Terna energy
Terna、エペイロス: ギリシャにおける家庭ゴミの選別

5260万ユーロを投資したエペイロス地域の公営廃棄物処理プラントは、欧州で最も近代的な施設の1つです。年間105,000メートルトンの素材を処理することができます。このプラントでは、3台のミストラル+光学選別機と機械的・生物学的プロセスを組み合わせ、PET、PE、混合プラスチックおよび紙/段ボールを含む受け入れ素材から、再利用可能な6つのフラクションを回収しています。

Pellenc ST - Témoignages - Urbaser
Urbaser、カサーレス: スペインにおける家庭ゴミの選別

Urbaserセンターでは毎年、分別回収された11,000メートルトンの廃棄物および、35,000トン以上の家庭ゴミを処理しています。このプラントでは、5台のペレンクST選別機をプロセスに使用し、PET、HDPE(高密度ポリエチレン)、食品容器などの回収率を最適化しています。

関連製品

ミストラル+
ソーティングおよびリサイクルセンターにおける各種素材の光学式選別機
ミストラル+QC
品質管理機器

産業、建設および解体廃棄物

主な用途

ペレンクST - 廃棄物選別 - 重量廃棄物選別

重量廃棄物の選別

  • 木材の純度向上
  • グレードによる木材の選別
  • 硬質プラスチックの回収
  • 不活性素材のフローの純度向上
ペレンクST - 廃棄物選別 - 軽量廃棄物選別

軽量廃棄物の選別

  • 紙/段ボールの回収
  • プラスチックフィルムの回収
  • SRFのフローの生成

当社製品をご利用いただいているお客様

Pellenc ST - Témoignages - Semardel
Semardel、ヴェール=ル=グラン、フランス: 事業および産業廃棄物の回収およびSRFの生産

Semardelでは、事業・産業廃棄物および粗大ゴミ向けの廃棄物ソーティングセンターに2000万ユーロを投資しました。年間処理能力は230,000トリックトンです。このプラントでは、8台のペレンクST光学選別機を使用し、素材(木材、線維、プラスチック)を回収し、発熱量の大きな廃棄物固形燃料(SRF)にすることにより、埋め立て処理に回される量を削減しています。

Pellenc ST - Témoignages -Kerval-Guyot
Ti Valo、プルフラガン、フランス: 選別、素材回収およびSRF製造

分別収集ソーティングセンターの現代化と平行して、Kerval Centre ArmorおよびGuyot Environnementは、プルフラガンプラントを選別およびSRF製造施設に転換しました。以前は処理されていなかったフロー(大型の廃棄物、堆肥化可能な家庭ゴミ、事業および産業廃棄物、分別収集された選別済みの廃棄物)を処理することにより、この新しい施設では、埋め立て地に送られる素材の量を大幅に削減することに成功しました。 この素材およびエネルギー選別および回収センターには、6台のミストラル+選別機が設置され、追加的なエネルギー回収のために廃棄物固形燃料を製造する前に、素材の回収を最大化しています。

関連製品

ミストラル+
ソーティングおよびリサイクルセンターにおける各種素材の光学式選別機
ミストラル+フィルム
この装置は、プラスチックフィルムの 光学式選別機  およびリサイクル専用です
ミストラル+QC
品質管理機器