装置最先端技術

研究開発: 当社の製品革新の中核をなしています

30年以上にわたって農業用ロボットの最先端を走っている企業であるペレンクSAの関連会社として、ペレンクSTでは、R&Dを最も優先度の高い中核であると捉えています。その一環として、リソースのかなりの部分を研究とイノベーションに割り当てています。毎年、市場のニーズを可能な限り満足させる新技術の開発のために売上高の10%を投じています。ペレンクSTによって開発された製品は、特許取得済みの「Made in France」技術に基づいており、丈夫で使いやすいものとなっています。ミストラル選別機に統合された技術には、近赤外線および可視光分光測定、金属誘導およびX線が使用されています。当社施設には、プロトタイプの作成と、さまざまな市場用途向けの機器で実際にテストする前に技術を実証するために、大きな専用セクション(1,000 m²以上)が設けられています。

廃棄物選別

ソーティングおよびリサイクルセンターにおける各種素材の選別機

複雑な現代化および統合向けの装置

この装置は、プラスチックフィルムの選別およびリサイクル専用です

有機(オーガニック)素材の回収向け選別機

品質管理機器

混合廃棄物中のガラス回収用装置

プラスチックのリサイクル

ソーティングおよびリサイクルセンターにおける各種素材の選別機

この装置は、プラスチックフィルムの選別およびリサイクル専用です

金属のリサイクル

この装置は、金属および廃車(ELV)の選別専用です

PEMAX Auto

自動車セクター向けのポータブルパワークランプ