Success story:ボルドー・メトロポール




リンクトイン


ツイッター


Youtube

ベーグルにオープンしたばかりのボルドー・メトロポール・ヴァロリゼーション選別センターは、フランスでトップ5に入る高性能施設である。この選別センターは、量(2023年までに52,000トン)だけでなく、選別されリサイクルに回される数十種類の廃棄物の品質も向上させる。

このプロセスの中心にあるのは、フランスのこの分野のスペシャリスト、Pellenc ST が設計した14台の光学式選別機シリーズである。非常に要求の厳しい仕様に準拠するだけでなく、オペレーターの主な目的は、最新の選別、検出、データ分析技術に基づいて、施設をインダストリー4.0のレベルに引き上げることである。この点でも、Pellenc ST は彼の味方である。

ボルドー・メトロポール・ヴァロリゼーションが推進する野心的なプロジェクトだ。ボルドー・メトロポールの新しい仕分けセンターを運営しており、そのために3200万ユーロが投資されている(アデメからの補助金110万ユーロとシテオからの補助金110万ユーロを含む)。

その結果、首都圏の住民約85万人の包装廃棄物を選別するための超近代的な装置が完成した。この技術的な飛躍を測るのに、1997年から現場にいるティエリー・ジラール以上の適任者がいるだろうか?
「操業開始から24年が経過し、2010年に操業を見直したものの、既存の選別装置は選別指示の延長(ECT)の制約を満たす状況にはありませんでした」と、ボルドー・メトロポール・ヴァロリゼーションのオペレーション・マネージャーは説明する。トン数の増加、より複雑な廃棄物、サービスの継続性、プロセスの近代化......2020年にDSPが更新される際、ボルドー・メトロポールは最新鋭の選別センターを新設することを選択した。

これを実現するために、ドイツのスタドラー社をフランスで代表するインテグレーターであるEbhys社と、フランスの光学選別技術サプライヤーであるPellenc ST の専門知識を活用した。「これらの性能契約では、地方自治体の仕様とシテオの要件に準拠し、ラインオペレーターとシステムインテグレーターの双方と、技術的・経済的に最良の妥協点を見出すことに取り組んでいます」と、Pellenc ST のフランス担当セールスディレクター、マーク・ミナシアン氏は強調する。これは長期的なプロセスであり、その間、フランスのメーカーの設計事務所は、そのノウハウと、光学式ソーターが提供する幅広い技術オプション(6種類の幅、マルチチャンネル管理、材料および/または色選別、安定化トンネル、3元選別、金属検出器など)の両方を活用します。

高性能ソーティング

オンライン商取引の増加と印刷メディアの減少に伴い、JRMの繊維材料の割合は30%から15%に低下しました」とティエリー・ジラールは説明する。「例えば、フレキシブル開発フローは、当初はLDPEフィルム画分の作成にのみ関係していましたが、現在ではPPや複合フィルムも含まれています」と、マーク・ミナシアンは言う。

フローが変更されると、DSPに想定されるマテリアルバランスの更新が必要となり、機械の設定やシュートのサイズ変更などの調整が必要となる。Pellenc ST 機械は、その設定を容易に適応させる能力で知られているが、このような絶え間ない進化を考慮すると、拡張性も保証されている。CNS 」ソフトウェアプラットフォームを搭載した選別機はすべて「future proof」であり、市場の発展や要求に応じて将来の技術やインテリジェントセンサーを統合することができる。

ボルドー・メトロポール社は、公称処理能力17t/h、稼働率92%(定期メンテナンスを除く)の保証を要求した。
これに加え、12種類の選別フロー(段ボール、EMR、店舗卸売、JRM、食品用レンガ(繊維性素材)、硬質および軟質開発フロー、クリアPET 、PE-PP(プラスチック)、スチール、小型および大型アルミ合金)の性能保証と、不合格品の最大回収率10%の遵守が求められた。2交代制で年間50,000トンの処理が可能なEbhysプロセスは、1つのレセプションホッパー(80m3)を使用し、デカルトナイザー、大型3段バリスティックスクリーンへの供給を調整する。大型のカートンは選別キャビンに直接投入され、0/300は2つの並行ラインで処理される。「これにより、メンテナンス期間中も生産を維持することができます」とThierry Girard氏は強調する。各ラインは、0/120と120/300を分けるバリスティックスクリーンから始まります。0/120からスタースクリーンで0/50の微粉が分離され、除鉄と渦電流の後、不合格に送られる。

Marc MINASSIAN(フランス支社コマーシャル・ディレクター)Pellenc ST et Thierry GIARD(ボルドー・メトロポール・バロリゼーション開発ディレクター
ストライクフォース

選別プロセスの中心では、Pellenc STの14台のMistral+ CONNECT光学ソーターが原料を選別する。この新しいシステム(Flow Detection )は、集光照明とNIR/VISスペクトルをカバーする新しい分光計を組み合わせたものです。「これにより、特に繊維質の原料の選別やトレイからボトルを分離する際に、比類のない選別精度が得られます」とマーク・ミナシアンは説明する。7台のバイナリーマシンが50/120と120/300の繊維質材料の精製に割り当てられ、倉庫用バルク、段ボール箱、JRMなどのリサイクルに適した材料が得られる。

「軽い素材の選別に特化した機械には、ベルト上の流れを安定させ、性能を保証するTurboSorterが体系的に装備されています」とMarc Minassian氏は指摘する。さらに、フラットボディの第一段階の精製に使用される機械には、金属探知機だけでなく、Top Speedオプションも装備されています。これは、isoパフォーマンスで許容スループットを50%向上させるプロセスです。
フィルムの選別は、同じくTurboSorterを装備した2台の光学ソーターで処理されます。バリスティックソーティング後も繊維質の割合が高いため、1台目はプラスチックフィルムと繊維質を分離し(バイナリーモード)、2台目(デュアルチャンネル、バイナリー)は各ストリームを精製する。「検出の精巧さと設定変更の容易さにより、この選別段階をCiteoのFlux Développement soupleの新しい要件に迅速に適合させることができました」と、オペレーションマネージャーは語る。
プラスチック側では、4台の光学ソーターが中空体の選別に使用されている。ストリームの純度を保証するため、ポジティブ選別が優先される。「その結果、繰り返しループが発生し、ラインの流動性が損なわれることはありません」とThierry Girard氏は指摘する。最後に、不合格品に含まれる再利用可能な材料の10%を超えないことを目標に、最後の3元ソーターがさまざまなフラクションの「バロリターン」を保証します。

ドリフトの特定と修正

ボルドー・メトロポール・ヴァロリゼーションは、中空ボディのオーバーソーティングを、カナダのマシネックス社の2台の選別ロボットSamurAIに委託することを決定した。1台は透明なPET 、もう1台はPE-PPを「洗浄」する。最後に、3台目のロボットが不合格品からリサイクル可能な最終製品を回収する。

もうひとつの革新的な試みとして、オペレーターは自動品質管理を試みている。この目的のために、選別コンベヤーの桟橋に設置されたガントリー検出器を使用している。この装置は、各フローごとにベールの純度を正確に測定する。「何よりも、このシステムによって、あらゆる逸脱を検出し、上流で迅速に介入することが可能になります」と、ティエリー・ジラール氏は主張する。
Mistral+ CONNECT機は、高い稼働率を維持し、選別品質を保証するために、一連のセンサーを備えている。機械はデータを収集し、安全なサーバーに送信する。これらのデータは、Pellenc STの操作支援ツール Smart&Share を介して処理・分析される。

これにより、すべての機械からのデータに即座にアクセスできるようになり、是正措置の対象を絞ることができます」とティエリー・ジラールは言う。これらの技術によって、私たちはインダストリー4.0の標準を目指しています。このアイデアは、品質管理データと光学式選別機、あるいはスクリーンやコンベアなどのデータを統合できるようにすることです。例えば、機械と連動させることで、ドリフトの自動修正が可能になります」。
これは、Pellenc ST が数年前からサポートし、予期していたアプローチである。「当社のMistral+ CONNECTマシンは、すべてのインテグレーターのプロトコルに対応しています。選別センターを本物の二次原料生産ユニットに変えるために、これらの機械は互いに通信することができるようになりました」と、マーク・ミナシアンは結論付けている。ボルドー・メトロポールでは、未来の選別が始まっている。

詳細はこちらまで